速報【舞台 脳内ポイズンベリー】2020年3月新国立劇場中劇場上演決定!!「失恋ショコラティエ」の水城せとなによる新感覚ラブコメディ「脳内ポイズンベリー」が待望の舞台化! 刺激的な年下男子と、いい人だけど全くときめかない年上男子の間で揺れるアラサー女子いちこの脳内で、擬人化された5つの思考が脳内会議を始める。 原作:水城せとな 演出:佐藤祐市 CAST:市原隼人,蓮佛美沙子,早霧せいな,本髙克樹,斉藤優里,平野良,渡辺碧斗,ほか

出演者写真

「ああどうしよう頭の中が大騒ぎだ」
頭の中の思考が擬人化!脳内会議を繰り広げる!!

本作の原作は、水城せとなによる漫画「脳内ポイズンベリー」。2010年から「コーラス」で連載が開始され、途中、発表の場を「ココハナ」に移しつつ2015年まで連載され、集英社クイーンズコミックスからコミックス化されています。原作の水城は、「失恋ショコラティエ」でヒロインの小悪魔っぷりを小気味良く描いて話題を呼び、「窮鼠はチーズの夢を見る」「黒薔薇アリス」など、恋愛を描きながら心の機微を見事にとらえた巧みな心理描写とストーリー構成で、少女漫画の枠を越えて大人を虜にする作品を数々生み出している作家です。「脳内ポイズンベリー」は、一人の人間の頭の中で擬人化された5つの思考が“脳内会議”を繰り広げるというラブコメディで、そのユニークな着想は大きな共感を呼んで読者の心を鷲掴みにし、2015年には佐藤祐一が監督を務めて映画化され、好評を得ました。そしてこの度、待望の舞台化を果たします!

市原隼人主演!蓮佛美沙子とは初競演!!
映画版のメガホンをとった佐藤祐一、初の舞台演出!

舞台化にあたり、様々なジャンルで活躍するスターたちが集結します。主演は、“脳内会議”の議長の吉田役を演じる市原隼人。ストイックな役づくりと芯のある存在感で、作品に奥行きを与えるでしょう。そして、現実世界を生きる人間で、脳内の5つの思考が擬人化されて現れる、いちこは、チャーミングさと透明感ある居住まいの蓮佛美沙子が演じます。いちこの脳内の<ネガティブ思考>の池田役は早霧せいな。元宝塚トップスターで凛とした佇まいの早霧が、大暴れする陰の感情を表現します。脳内の<記憶>であり脳内会議の書記、岸を演じるのは、舞台作品でも精力的に活動しているグァンス(SUPERNOVA)。精悍な佇まいと知的な面差しで冷静な書記が体現されるでしょう。脳内の<ポジティブ思考>の石橋は、弾けるような明るさを湛える本髙克樹(7 MEN 侍/ジャニーズJr.)が演じます。脳内の<瞬間の感情>のハトコは、乃木坂46を卒業後もTV、舞台とジャンルを問わず活躍し、愛くるしい笑顔で回りを明るく照らす斉藤優里が務めます。
演出は、映画化の際もメガホンをとり、これまでに映画「ストロベリーナイト」や「ういらぶ。」を手掛けた佐藤祐市が、初めて舞台作品の演出を務めます。

一人の人間の脳内でありながら、まるで分裂した別人格のように擬人化して現れる5つの思考が喧々諤々する“脳内会議”と、その結果で行動も行く末も変わっていく、現実世界の物語。きっと“脳内会議”の誰かに共感し、いちこの行く末をハラハラしながら見守る来春の注目作に、どうぞご期待ください。

TOPICS

  • 2019.11.29

    オフィシャルHPを公開しました。